国産・輸入水草/観賞魚用飼料の卸問屋

ミクロタッチ 海水・淡水両用 50g

学名
水質
水温
光量
分布
販売価格(+税) 会員のみ価格表示

こちらの商品は 単位の発注です

商品説明 Item dtails

海水・淡水両用

通常の乾燥飼料は原材料をボイルしているため、高温によりビタミン、ミネラル、酵素など有用な成分が破壊されてしまい、その後の高温乾燥で酸化の進行が早まってしまいます。
ミクロタッチは厳選した高級食材や新鮮な生の天然素材を使用し、当社独自の低温乾燥製法で素材の持つ栄養素を極力損なわないように製造しています。
適度な粗さの粉末と海藻成分の「ぬめり効果」により栄養成分の溶出を防ぎ、水質を保持します。

便利な多目的フードに!
“業界初” マルチタイプ完全栄養粉末フード

  • ゼリー状やスープ状で全ての種類のサンゴに様々な状況に合わせて与えることができます。
  • ペースト状、ゼリー状、スープ状、そのまま粉末などで全ての種類の魚に様々な状況に合わせて与えることができます。
  • ペースト状、ゼリー状、スープ状、そのまま粉末などで全ての種類の甲殻類に様々な状況に合わせて与えることができます。また水槽内プランクトンの育成を促進することでプランクトン食生物のエサを増殖することもできます。
  • 厳選した生の原料を使用していますので嗅覚、味覚などによる嗜好性は抜群です。

使用方法は製品Q&Aをご参照ください。
※別売りのミネラーと組み合わせることでより栄養価の高いフードができます。

主原料:クリル、桜エビ、スルメイカ、ホタテ貝、いりこ、シルクワーム、ケルプ、海苔、スピルリナ、オキアミ、アミエビ、アサリ、イカゴロ、ブラインシュリンプ、コペポーダ、他
内容量:50g
付属品:計量スプーン

ミクロタッチ:Q&A
Q.ミクロタッチに興味がありますが使い方がよく分かりません。
A.下記の説明書を参考にしてください。

ミクロタッチ マルチタイプ 取扱説明書

  • 粉末で使用する場合
    主に小型の魚に向いており、水面に落とす、またはつまんで水中へ入れて与えます。オーバーフロー式水槽の場合はフロー管から落ちないように対処をしてください。
    適応種:スズメダイ、テンジクダイ、ヤッコ、ハギ、チョウチョウウオ、ハナダイ、ハゼ、金魚、グッピー、ネオンテトラ、フグなど。他にサンゴ給餌時の臭い付け。
  • ミネラーまたは水と混ぜて使用する場合
    別売りのミネラーと組み合わせて使用すると栄養豊富で多用途の飼料を簡単に作ることができます。サンゴに与えた場合、ちぎれるため魚やエビに取られにくくなります。

    1. ゼリー状にして魚や甲殻類に与える場合:
      カップにミネラーを約3ml、ミクロタッチを付属のスプーン1杯を入れて混ぜ、スポイトやシリンジで与えます。軟らかいと細かく分解して食べ残しが出て水を汚すことがあり、なるべく硬めにしてください。魚が多くエサが全体に行き渡らない場合は淡水を入れた容器に輪を描きながら麺状に適量を作り、水ごと一度に給餌します。魚のサイズによってスポイトの先端の太さを決めて切ってください。1日数回栄養強化としておやつ感覚で与えてください。
      余ったエサは室温保存で当日、冷蔵保存で3日程度使用が可能です。使用した容器、スポイトなどは中までよく洗って乾燥させてください。
      適応種:魚全般、甲殻類
      ※シリンジを利用する場合は硬めのゼリー状に作り空気が入らないようゆっくり吸い込みます。シリンジごと保存すれば冷蔵で1週間、冷凍で3ヶ月程度使用可能です。
    2. ゼリー状にしてサンゴやイソギンチャクに与える場合:
      はじめにミクロタッチの粉末を水槽に少量入れ、サンゴのポリプを開かせておきます。1.と同様に作り、水流が早い場合は止めてから口または口の近くの触手に乗せて与えてださい。給餌の量は個体により違いがあり、好日性の生体は与え過ぎると調子を崩すため控えめに、陰日性の生体は水質を考慮して充分に与えてください。
      適応種:イボヤギ、ハナギンチャク、イソギンチャク、L.P.S全般
    3. スープ状にしてプランクトン食の生体に与える場合:
      カップにミネラーを約10ml、ミクロタッチを付属のスプーン1杯を入れて混ぜ、スポイトやシリンジで与えます。ハナダイなどプランクトン食の魚には水流に乗せて与え、餌付いてきたら徐々に濃度を上げてゼリー状のエサに切り替えてください。S.P.S、ヤギにはメインポンプを止めて水流に乗せて時間をかけて充分に与えてください。イボヤギやオオタバサンゴ、キクメイシ、イソギンチャクなどには水流を止めて降りかけてください。
      適応種:S.P.S全般、L.P.S全般、ヤギ、イボヤギ、ハナギンチャク、イソギンチャク、ハナダイ、ハゼ、スズメダイ、テンジクダイ、など
    4. ペースト状にしてポリプ食、餌付きの悪い魚に与える場合:カップにミネラーを約2ml、ミクロタッチを付属のスプーン1杯を入れて混ぜます。粘度の目安は味噌程度で、サンゴ岩や貝殻などに塗って、太目のテグスを結び水槽へ入れます。食べ残しはテグスを引き寄せ早めに取り出してください。
      ポリプ食の魚は偏食で選り好みが激しいため、ブラインシュリンプやアサリのミンチなどを混ぜて餌付かせます。餌付いてきたら徐々に混ぜる量を減らしてください。
      主原料:クリル、桜エビ、スルメイカ、ホタテ貝、いりこ、シルクワーム、ケルプ、海苔、スピルリナ、オキアミ、アミエビ、アサリ、イカゴロ、ブラインシュリンプ、コペポーダ、他
  • 使用上の注意
    • ミクロタッチは乾燥重量で生の約5分の1に濃縮されていて栄養価が高いため食べ残しがでないように与えてください。
    • 市販の粒状、フレーク状フードや海水、コペポーダを混ぜると「ぬめり効果」を減衰させてバラケやすくなります。
    • 給餌時に止めたポンプは必ず廻してください。
    • 濡れたスプーンは容器に入れないでください。
    • 本製品は鑑賞水槽用です。食用ではありません。
    • 高温多湿をさけ、子供の手の届かない所に保管してください。
    • 生体の病気や死亡についての保証は一切致しません。あらかじめご了承ください。

Q.マルチタイプと水生無脊椎動物用は何が違うんですか?
A.水生無脊椎動物用はマルチタイプよりも粉末粒子を細かくして粘性を減らし、SPSやヤギ、貝類など微細生物を捕食している生体にも取り込みやすくなりました。また、サンゴなど無脊椎動物の栄養補給に適した原料の配合にいたしました。

Q.ミクロタッチはサンゴにどのくらいの量のを与えれば良いのですか?
A.適量に給餌することはなかなか難しく、生体の種類によって違いがあります。少量のミクロタッチをまくと食欲がある生体は匂いで触手を開いて要求してきます。スープの濃さによりますが、少量ずつ与えることで元気に開き、太り気味で痩せて来なければ適量になります。与えすぎの見分け方としてはエサを戻したり口からよだれ(粘液)を出すことなどがあります。

Q.水生無脊椎動物用の使用時に注意することはありますか?
A.

  1. 好日性のサンゴやイソギンチャクは褐虫藻による栄養補給があるため、ある程度強い光と給餌をすることで長期飼育することができます。生体により個体差がありますが与えすぎは調子を崩すことがあります。
  2. 陰日性のキサンゴ、ヤギなどは水質が許す範囲で少量を毎日与えると調子を維持することができます。
  3. 共通する内容がありますので上記のマルチタイプの説明書をご参照ください。

Q.ミクロタッチを他の商品と併用する場合に注意することはありますか?
A.

  1. 弊社の商品と併用する場合
    1. カーリーキラー
      併用しても問題はございません。
    2. 茶ゴケキラー
      問題はございませんが、サンゴなど無脊椎の場合は調子を見て使用してください。
    3. 緑ゴケキラー
      問題はございませんが、サンゴなど無脊椎の場合は調子を見て使用してください。
    4. 赤キラー
      問題はございませんが、サンゴなど無脊椎の場合は調子を見て使用してください。
    5. 白点キラー
      問題はございませんが、サンゴなど無脊椎の場合は調子を見て使用してください。
    6. ミクロタッチ
      併用しても問題はございません。
  2. 他社の商品と併用する場合
    1. (注)除去剤や用途が重なる添加剤などとの併用は弊害の可能性がありますので避けてください。

注文処理中です。
暫くお待ち下さい。